二重整形

二重手術とはなんなのか

キレイな女性

二重手術というのは、手術により瞼を二重にすることです。外見にコンプレックスがあったり、より美しくなりたい人などに二重手術を施します。二重手術には2つの方法があり、「埋没法」「切開法」とあります。埋没法というのは糸を使い、まぶたの2つの個所に糸を結び付け、二重を作る手術法です。
この手術は術後の腫れが少なく、切らない方法なのでスムーズに手術ができるというメリットがあります。デメリットは、糸が取れてしまうことがあるという事です、糸が取れてしまうと二重の効果が解除され、さらに外れた糸が眼球にあたってダメージを受ける可能性があるなど危険があります。
次に切開法、切開法は目の上の皮膚をメスで切り縫合することで、埋没法よりもくっきりとした二重が完成します。手術の過程でまぶたの余分な脂肪も取り除くことができるので、理想的な瞼にしやすいのが切開法なのですが、やはりデメリットがあり、術後は腫れが長引きます。
切る部位を小さくできれば腫れは小さくなりますが、広範囲の切開法の手術を受けたらどうしても腫れてしまい、その腫れは2か月から4か月で引きますが、二重が定着するのに長い人だと1年以上かかるなど、長期間の時間を有する手術方法となっているのです。

UPDATE CONTENTS